ビューティーチャンネル

形成外科との違い

形成外科の治療というのはほとんどの場合が、
身体の動きや見た目の上で何らかの障害がありそれらを治すための治療になります。
しかし美容整形というのは、身体の動きや見た目の上では何の障害もなくても、
美しさを得るために治療を行います。
Read the rest of this entry »

10年間で医療脱毛が変わったこと

ある女性は、10年ほど前に皮膚科にて医療脱毛を受けた経験があるのだといいます。そのときは、まだエステサロンで低価格で脱毛を受けるということがまだ一般的ではなく、彼女は皮膚科にて両脇のレーザー脱毛を受けることになりました。
通ったのは七回ほどで、すべてで費用は10万円ほどかかることになりました。お医者さんによって施術をしてもらうことができるので、安心感は高かったといいますね。ですが、それだけの費用がかかったということは覚悟が居ることでしょう。 Read the rest of this entry »

毛穴の黒ずみ予防のために

毛穴の汚れをしっかりと落とすようにしましょう。毎回洗顔によってしっかりと綺麗に汚れを落とすことが一番です。
毛穴を目立たせたくないということが理由で、ファンデーションを塗りすぎてしまうと、それが毛穴に入り込んでしまいます。そして、なかなか綺麗に落とすことができなくなってしまうこともあります。 Read the rest of this entry »

顔のリフトアップをしよう

顔の筋肉というのは、想像をしている以上に凝ってしまうことが多く、緊張や疲労などがその理由になります。リンパの流れが悪くなって、老廃物や水分がたまるようになった結果、むくみになったり脂肪になってしまったりすることが多くなります。たるみも生まれることにつながります。 Read the rest of this entry »

加圧トレーニングの特徴とは

なぜ、加圧トレーニングは評価されているのでしょうか。
まずその理由としては、短い時間で成長ホルモンの分泌を促進することができるから、といわれています。成長ホルモンは、体の成長を促す骨だったり、筋肉の形成、美肌の維持のために非常に重要になるアンチエイジング効果も高いホルモンなのです。体脂肪を分解することで、引き締まった女性らしい体の形成にも高い効果があるのです。 Read the rest of this entry »

睡眠不足は美容の大敵

美容には、睡眠不足というのはかなり大きな影響を与えてしまうものです。それはわかっていても、仕事や飲み会などの影響で、なかなかしっかりと睡眠時間をとることができない場合もあるかと思います。
では、睡眠不足になってしまうことで、肌に対してはどのような影響が生まれてしまうのでしょうか。その一つの結果として、肌のターンオーバーが遅れてしまうという影響が出ることがある、という場合です。 Read the rest of this entry »

緑茶で風邪もインフルエンザも予防できる

健康である、ということは何よりも大事なことです。例えば風邪は万病の元ともいわれるほどですが、できるだけ風邪は引きたくないものですよね。
風邪という症状についてですが、実は緑茶によって予防をすることもできます。緑茶にはカテキンが含まれて居ますが、これは強い殺菌効果を持っているものでもあるのです。なので、風邪やインフルエンザなどの感染を防げるような、抗ウイルス性の効果を持っているといわれているのです。 Read the rest of this entry »

ビタミンが不足したときにはポリフェノールを

ビタミンを補うために、サプリメントを利用しているという人も多いかと思います。しかし、実はポリフェノールを摂取したほうが効率的である、ということを知っていたでしょうか。 Read the rest of this entry »

現代人には水が不足している

一日に2リットルほどの水を飲むということが大事です。
これだけの量になると、毎日意識して摂取をすることが必要になりますね。水分が不足した場合、血液中の水分も少なくなってしまい、血栓ができやすくなることの原因になります。長い時間のフライトなどによって起こる、エコノミー症候群もこれに関係しています。しかし、飛行機ばかりではなく、こういった症状は長い時間のデスクワーク、睡眠中などもこれに当てはまる状態なのです。 Read the rest of this entry »

ダメージを防げるシャンプー法とは

シャンプーをするときのやり方によって、髪の痛みだったりダメージにつながってしまうこともある、というのはご存知でしたでしょうか。
ヘアケアをどれだけしっかりと行っていても、髪が痛んだ上体になってしまうということもあります。もしかしたら、そのときにはシャンプーのやり方そのものが間違っていることもあります。 Read the rest of this entry »